車を高く買い取ってもらうためのコツ

当社は茨城県水戸市にてレクサスやBMW、メルセデスベンツ、ポルシェ等の高価買取を行っております。の買取を検討なさっている方は、是非ご利用下さい。また、出張買取を希望されている方もまずはご相談下さい。なかには大切にしてきた愛車だからこそ、高価買取を実現させたいとお考えの方もいるでしょう。そこでちょっとした参考として高額査定を狙うなら査定時のチェックポイントを把握する事も大切ですので是非ご一読ください。

車の状態は綺麗にしておこう

マスター1 車の査定では車の年式や走行距離などをチェックしますが、外装や内装も忘れてはいけません。外装や内装の状態は、その車が大切にされていたかどうかを判断する重要な基準になるのです。よって、査定前には洗車をしたり掃除機をかけたりしておくだけでも、査定時の印象は変わってきます。

内装の状態

普段から綺麗にしておくことを心がけてください。経過年数を使用した内装の汚れは一朝一夕ではどうにもなりません。汚れは積もるものですので、積もり、溜まる前に定期的なケアが必要です。ずっと乗るにしても定期的に乗り換えるにしてもやはりケアは必要なものです。普段のちょっとした心がけがとても理想的な形や数字で評価されるものです。

取扱説明書、新車保証書、点検記録簿、スペアキーは大切に保管しておこう

これは自身が次のオーナーの立場になって考えればすぐに理解出来る事です。購入した際には絶対に紛失してはいけないものでもあります。私達もこの確認は怠りませんし、販売業者同士のオークションでも重要な要素となります。特に新車保証書はどこで購入したかが分かるもので、新車保証継承にも必ず必要になります。

小さなキズは修理しても大きなキズやへこみは修理しない事

自分で直せそうであれば、市販の研磨剤などで消える程度の小さなキズや浅いキズなどは消しておくと良いでしょう。しかし、板金修理が必要な大きなキズやへこみは修理代が高くつく場合があり、また査定金額に反映される事もないため、そのままの状態にしておく方がお得になる可能性があります。内装も外装も自分の出来る範囲は仕上げる、それ以上はしないで後は査定士と相談して下さい。

ページトップへ