レクサスの魅力

レクサスの始まりはアメリカ

1980年代のアメリカでは高級車=勝者のシンボルとされ、高級車は威厳のある存在でした。その高級車を造るのは伝統あるリンカーンやキャデラックに限られていましたが、伝統あるがゆえ、故障車が増えようとも暗黙の了解で許されていました。その風潮に対して当然不満を持つ人はおり、同時に若者の間では、伝統ある高級車は古臭いという声も出始めます。

マスター1 その頃、トヨタ車はアメリカで、乗用車・商用車としての地位を確立していました。しかし、それはあくまでも小型者の大衆車としての評価でした。高級車としての地位を築くべく、トヨタは1980年代半ば、世界技術水準のトップを走るような高級車の開発に乗り出します。ドイツのBMWやベンツのような品質を持ち、日本車ならではの優れた機能を持つ車造りが開始されました。その後、開発に数年の歳月をかけ1989年、レクサスが誕生します。

レクサスの考える高級感

トヨタはレクサスを立ち上げるにあたり、「高級の本質を休まずに追い続ける」という信条を掲げます。進化する高級感を常に求め、「ときめき」と「安らぎ」に満ちた最高の時間を提供する事、シンプルなデザインの中にも高級感が漂い、「おもてなしの心」を持つ車造りをコンセプトにしています。そのコンセプトをもとに造られた初代LS400は、初年度だけで11,600台を販売します。レクサスは新しい価値観で、高級車市場に新しいジャンルを開きます。

レクサスの乗り心地

レクサスの走行性能とラグジュアリーは海外の高級車に引けをとりません。特に高速域での安定感とハンドリング性能は良いです。
シートは体全体の圧を最適に分散し、心地よい乗り心地を実現します。また、レクサスのナビは随時自動更新され、ボタン一つで繋がるレクサス専用のコンシェルジュサービスもあります。

そして、レクサスの凄さはドライバーへの演出にもあります。キーを持って車に近づくと、照明がドア付近の足元を照らしてくれます。
ドアを開けると間接照明が車内を照らし、ソール中央にあるアナログ時計が点灯します。そして、運転席に座るとオープニングムービーが流れます。まるで一流高級ホテルのようなお出迎えと粋な演出は乗る人の心をわしづかみします。

茨城・水戸市にあるマスターピースでは、レクサスをはじめ、ベンツやBMW、ポルシェやアウディなどの外車販売を行っています。新車や中古車販売、高価買取にも対応しております。車の事ならマスターピースにご相談下さい。

ページトップへ