外車のメーカーごとの特徴

近年の外車事情

マスター1 外車についてどんなイメージをお持ちでしょうか?国内で外車が流通していなかった頃は台数が少ない分、一台でも故障があると、外車は故障しやすいイメージを持たれがちでした。現在は技術が進歩し、日本製の部品を導入する場合も多く信頼度は高まっています。
実際、日本で海外自動車メーカーの正規販売ディーラーは増え、正規輸入外車の登録台数も増えています。

ポルシェ

「高級スポーツカー」の異名を持つポルシェは、ドイツを代表する自動車メーカーの老舗です。ポルシェは、空冷エンジンを後ろに置いたPR型のスタイルが特徴でしたが、1997年に水冷エンジンを搭載します。圧倒的なパワフルさと新技術の融合で、その魅力は今も進化し続けています。
また、ポルシェは時代ごとの乗り心地があります。1963年にデビューした「911」シリーズは、ヘッドからテールにかけての滑らかな流線型が特に美しいとされています。

ベンツ

日本でベンツというと高級車の代名詞ですが、実は機能の高い車でもあります。ベンツは、ドイツの制限速度無制限のアウトバーン(高速道路)の走行を想定して造られています。そのため、安全性を特に重要視しています。万が一事故で車が大破した時に、ささくれが突き刺さらないようにメーター周りやインパネ回りには、ウッドパネル(天然木)が用いられています。落ち着いた走りとエレガンスなインテリアも魅力的です。

BMW

BMWの一番の魅力はエンジンです。BMWの前身は航空会社で、社名のBMWは「バイエルのエンジンメーカー」という意味があります。
そのぐらいエンジンに力を入れています。BMW独特のエンジンはパワフルで、ハンドリングも非常に優れています。エンジンフィールやシャープなハンドリング、滑らかなすべりは、運転好きの心をくすぐります。

アウディ

都会的でファッショナブルという言葉がアウディには似合います。アウディはここ数年で勢いのある外車です。欧州では、現代的でありながらモダン、現代的でクリーンなスタイルと、色々な顔を持つオールマイティなイメージを持っています。A6以上の上級モデルは多くのセレブやビジネスマンの支持を得ています。

茨城でポルシェやベンツ、アウディやBMWなどの外車購入をお考えでしたら、水戸市にあるマスターピースをご利用下さい。茨城・水戸市に店舗があるマスターピースでは、外車の販売を行っています。誰もが憧れる外車のことならマスターピースにお任せください。レクサスや中古車の販売も行っています。

ページトップへ